スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

諦めることと頑張ることは意外と似てるかもしれない

2009/08/08(Sat) 21:04
未分類

諦めるのにも勇気と決意が少なからずいるんだなぁと最近思うようになりました。

諦めて腹をくくるっていう言葉とかあるわけで。

諦めたあと、そのままそこで止まっちゃったり、終わらせることも間違いだ!!!
なんて必ずしも言えないんですよね。

もちろん諦めようとしている『物事』にもよりますが。
「諦めたらそこで試合終了だよ」
それももちろん正しいけれど。
肝心なのは、ソコから自分がどうするかなんだと思う。

ただ、全部を諦めて放り投げてそこから何もしなくなっちゃう・考えなくなるっていうのが一番自分を停滞させて腐らせていくのではないかと。
そういうような「諦め方」が身についてきてしまうとシンドイですよね。自分も。それを外から見る人も。
一見すると楽なことは楽なんだよね。人に言われたことだけをやればいい、何も考えなくても他者からの命令に従って動ければ何も言われない。
失敗したとしても自分の意思ではなく指示を出した人の責任問題だって言い逃れできるし。


でもさ。その指示を出してる人が自分の人生保障してくれる訳じゃないんですよね。
当然のことだけど。
今はいいかもしれないし楽かもしれないけど。
数年後・数十年後が怖いと思う。
その時に気づいてももうどうしようもないくらい身動きがとれなくなってるわけで。
精神的にも、肉体的にも。

「未来は過去にある」なんて言うつもりはないけれど。
けど、過去にしか出来ないこともあるんだよね。

その過去っていうのはいつのことなのか?
物理的にもう過ぎ去ってしまった日々のことを私は指してるわけじゃないんです。

過去=今の自分の一瞬一瞬
なんだと思う。
過ぎ去ってしまった過去はもう取り戻せないし、修正なんてできないけれど。
そこでしてしまった後悔や、人を傷つけてしまった罪も洗い流すことなんてできないけれど。

そういうもの全部背負って、たまに休憩したり降ろしたりしつつ。
ついてしまった『傷』は残したまま、歩いていきたいなと思います。

凹んで凹んで。でも諦め切れなくて。頑張って、それでも無理なときは妥協して。
今は、まだ見えないけど未来の自分が幸せだよって笑ってくれるように。
過去の自分に胸張って心配しなくて大丈夫だよって言える様に。

だから。だからさ。 頑張るって言葉、本当はそこまで好きじゃないし言いたくないけど。
立ちはだかる壁があるならぶっ壊すし、よじ登るし、迂回したり、違うルート通ったりしながら。

頑張るよ。





スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 未来へのレクイエム, all rights reserved.
Calendar
05 | 2018/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。