FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

モルモットの記憶

2008/09/20(Sat) 04:14
未分類

やー。一年半ぶりに大学病院行きはじめたんですが、また歯がズレテイタみたいで。
いうて4mmほどなんですが、若干笑ったときに噛み合ってないなーっというのが分かる程度。

もういちど、針金固定して矯正科でやってもいいんですが、半年くらいかかるんだって。歯って動かすのに一ヶ月1ミリが限度。

それから、また補鉄科(インプラント)行って義歯やって~~だったら、多分社会人になってから病院行くのが困難だし、そしたらまた元の木阿弥で無限ループになりかねないという決着により、そのままインプラント計画続行とあいなりそうです。

まぁ、いまさら歯並びの一つや二つ。個性ですよ。個性。 悪いの歯だけじゃないしねぇ・・・。
私の体の治療のためにお金が湯水のように使われていく・・・。

義歯って結構お高いんですね。
保険が利く方法が一番やっぱり安いんですが、私の歯並びでは難しいとのことorz 
で。二番目に安いらしい、ブリッジも、私の歯並びでは・・・(略)

結果、一番お高くはなるのですが3番目の最後の方法で。 

けど、それも、右の糸切り歯の神経を抜かないとダメなようですorz

今日は、前回私の歯並びの型をとって作った模型を使って歯を入れたあとのシュミレーション版を作ってもらい、それでいいかどうか見せてもらいました。

その後、歯の経過を見るために診察室の台に乗せられたんですが。
やけに視線を感じまして。
目を開けてみたら、14個の目が私の口の中を凝視。

                  医大生ーーーーー!!!!orz

下手したら、年下、よくて同年or一つ年上の子らが・・・。|д゚)カンサツ ガリガリとノート取ってるし。
・・・・しまった。久々の大学病院生活で忘れてましたが、11時~14時くらいの時間帯はよく学生が実習で見に来るんですよ。

え?患者に拒否の権限なんてないんです。 教授(私から見れば担当医。)が許可したら全てがOKなんですよw
カルテ見ようが、質問しようが、治療しながら説明し始めようが。
さすがに今日は、シュミレーションと口腔内の点検だけだったんでそこまでされませんでしたw

小学生の頃、口内に膿がたまって矯正科の先生の紹介で、口腔外科の方でプチ手術をしてもらったことがあったんですが。
丁度良い時間帯にたまたま私居合わせてしまったらしく。
患部の縫合をされてしまったことがございまして。
・・・。まぁ、人間初めからうまく出来る人なんて居ないわけですよ。
失敗は誰にでもありますしね☆
一度縫い終わった患部を即抜糸され、教授が(私からすれば担当・・・)縫合しなおして事なきを得ました。

「すみません。失敗しちゃいました。(∀`*ゞ)」 

・・・・・。あの殺意は忘れません。 久々に思い出させてくれた本日の治療。

しかもインプラント科の先生は対人コミュニケーションがお嫌いなようで、なかなか心落ち着くコミュニケートが取れません(つд⊂)
で、義歯を入れるところ専門な科だけに、患者さんの平均年齢が高齢!!
アウェーな待機室ですよ。 長年通ったすぐ隣の矯正科が懐かしす・・・。

とか何とか干渉に浸りながら思ってたら、歯の針金がとれてたようで固定し直してもらいに行ってきました。
いうて、隣の課なので徒歩10秒なんですが。
T先生(矯正科の担当医)はやっぱり笑顔のステキな先生でした。 メガネっ子からコンタクトにかえていてなんとも爽やかにw

「リュトさん、久しぶりーーーww」

癒される・・・。この先生も苦労してた様で、私の担当医になった直後は長期入院とかされてましたからねー。 元気になったんでしょうか。 ハラハラ

「心配してたけど、今日顔見れて本当安心しましたw」

あの。すいません。結婚してくだs・・・。これ何ていう乙女ゲームですかww
隣の科で孤独死しそうな私を救い上げてくれるような一言。 
思わずウルッときてしまったじゃないですかー(´;ω;`)ウッ

ひと時の休息を終え、針金締めなおしてもらって、隣に戻ると今度は下の階の歯周科に回され。

「次回から、糸切り歯の神経抜いてもらいますから、全部きれいになったら、また私のところに戻ってきてください。」
そう言い残して颯爽と去っていくインプラント先生(命名)

何この放置プレイ。

その後、歯周科で予約だけとってそのお隣の放射線科(レントゲン撮るとこ)にまた回され。
口腔内のレントゲンを撮影する段階で、そこでもまた実習生に練習台にされました。
細い透明なパイプの先端(掃除機のノズルのような部分)を撮影したい箇所の付近に近づけて撮影するんですが、実習生、先端を患部に合わせるのに精一杯で上端部分を見てない。

眼球部分に つ))`Д´)グリグリ 

見かねて、教授(私から見たら医者・・・)がすぐさま固定。

・・・・・・・・・・。
疲れて、気分沈んでるときにこれはキツイ。
頼むから初めから、アンタがやってくれ。

しかも、ますますコミュニケートができない人の吹き溜まり。
写真とるだけで治療とかしないもんね。 
スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 未来へのレクイエム, all rights reserved.
Calendar
07 | 2018/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。