FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

偉そうに自論を振りかざすその様はさながらピエロのようだ

2008/06/20(Fri) 01:57
未分類

今日は後輩の3年生の男の子にえらく何度も感謝されました。
その子はプレゼンの授業でほんの少しだけ皆と出遅れていた子で、先週、先生に見せる前のレジュメを見てあげたり、プレゼンの材料となるその子自身の『核』となっているものを見つけだす手助けをほんのちょっとだけ手伝ってあげていました。
まぁ手伝ったと言っても、ただ、単に隣で話を聴いてて、その子自身が思っていること、感じているだろうことをそのまんま別の角度から質問して投げ返してただけなんですが。
うん。一歩間違えば誘導じゃn・・・

むしろ逆に、自分の思いを一方的に話していた時間の密度の方が濃かった気がする・・・orz
学生時代の思いとか考えとか自己PRとか就活についてとか就活についてとか就k・・・

感謝なんてされる覚えはないんです。
彼や、一緒にいた3年生の子達に言ったことは全部、自分が言って欲しかった言葉で。
鏡のように自分自身へと帰ってくる感情で。
全部そうなりたかった自分へ向けて言った言葉なんです。

ああ。これが、私自身をよく知っているメンバーや、クラスメートから見たら滑稽に見えるんだろうなぁ・・・とか。
きっと、私が言うよりも結果も出せて、相応しい人たちが4年生にはたくさんいるなぁ・・・とか思いながら。

私が言うのはきっと相応しくない。けど、この想いと感情に偽りはないから。


この学校に入って。
今のクラスに恵まれて。
気軽に男女関係なく名前を呼ばれるようになって。
皆で一緒に話して、笑って、喧嘩して、先生に怒られて、プレゼンで修羅場を潜り抜けて・・・。
家で飲み会したり、今まで全く話したこともなかったメンバーと外に食べに行ったり、遊びに行ったり。
辛いときは側にいてくれて、泣きたいときは黙って側にいてくれて。

こんな奇跡、今までの自分に起こるなんて考えてもみなかった。
自分自身に枷をつけて、孤立して人とどう接したらいいのか分からなかった自分に。
怖くて踏み込めなくて、それなのに幼稚な心で人を傷つけて・・・。

昔から私を知っている人から見たら、現在の自分がどう映るかなんて分からないけれど。
今の自分をほんの少し好きになれたって言える。
今もまだ、自分のダメな部分なんてたくさんあるし、基本ネガティブだけど^^;
それでも、自分を受け入れてくれるあのメンバーと出会えて。
一緒に居てくれる。どんな自分でも受け止めてくれる。
間違ってたら止めてくれる。
愛しい時間を過ごしてる。
毎日が楽しくて。その空間の中でもっともっと一緒に成長出来ればって思う。

今の3年生にはまだ分からないかもしれない。
私も、実際、入った直後は「うわーーーー^^;」って思ったし(え
でも、一年後、二年後振り返ってみて、少しでもこの想いが伝わってたなら嬉しいかな。
スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 未来へのレクイエム, all rights reserved.
Calendar
09 | 2018/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。